親猫おがた、《販売と発信》の意味

Meaning of sales and transmission thumbnail

ネコスキーの皆さま
こんにちは。
今日は、親猫おがたはなぜ販売や発信をするのか、
その全てを語ります

親猫おがたひろき
親猫おがたひろき

今日の結論

愛情同志で笑い合えるように。
ここに向かって話をしていきます。

俯瞰が大事


物事は、
どこで、なぜそれが存在しているのか、
広い俯瞰(ふかん)で見た時に、
バランスを感じて投じると、
事を成り立たせるからです。

本能と役割

具体的に説明しますね。
NFTという仮想空間上での取引にて、
親猫おがたの作品出品を開始しました。

絵描きとして、造形化としての本能です。
役割だとも感じています。

この能力を活かして、世の中に対して出来ること、
やるべきこと、やりたいこと。これらが完全一致しているからです。

なぜ、商品や作品を販売するか。
これまで何度も言っていることに共通して、
自分の出来ることで、

まず大前提に『生き続けて心を育て続け』
『その意思を明確にして未来を創造する』
『そして行動する』

『生き続けて心を育て続け』

この機会に、じっくり話します。
大前提である『生き続けて心を育て続け』の部分は、
“勘違いした自己犠牲のボランティア“で疲弊してはいけないという思考です。

10年経って多頭崩壊するボランティアに何の意味があるのか、
自己犠牲だったからでしょ?

例えば数頭の犬や猫を譲渡できたとて、
最後に崩壊するんであれば、路頭に迷わせた犬猫が居たでしょ?
迷惑被ったボランティアさんがいたわけでしょ?

根本の原因は、走り出す前にあったはず。
自分が生きられないうちから他者なんて救えない。
手を出しちゃいけない。
巻き込むよ?自分のエゴに。

なので、親猫おがたは、
ひたすら準備をし続けています。
ダメな部分、足りない部分、
まだまだ動きを改善し続けなければいけないと考えて進めています。

精神的にも、まだまだ弱い…
もっと鍛えなければいけないのです。

自立して、潤沢な資金を作って、
余りあって初めて命に係わる準備を前に進めようと考えています。

だから、想いと言葉を形にして、
今は物やデータ販売という発信をしています。

『その意思を明確にして未来を創造する』


目標を定めなければ、
やはり巻き込んでしまうことが多くなるからです。

想い無くして稼ぎ続けて、何の意味があるのか。
僕にはわかりません。
独りで笑っていてもむなしいだけ。

親猫おがたは笑い合いたいのです。
自分が心の底から好きな猫を通して、
同じ想いを持っている人達と共感、共鳴したいのです。

その喜びを知っているから。
自分がどれだけ泣けるくらい感動したかを知っているから。
どれだけ心を救われたか体感したから。


猫好きさんたちがそんな想いで繋がるなら、
猫さんと猫好きさんが繋がるなら。
そう思うならば僕は役割だろうなと感じています。

しかし、その責任は、
より確実に明確にしていなければ巻き込んでしまう。
だから、何度もイメージして、バランスを見ています。

『そして行動する』


いよいよ動けるようになっても、
タイミングを見ます。
そのために感覚も養っておかなければいけません。

スポンサーリンク

愛をもって笑い合いたい

まとめます。
親猫おがたは、猫たちと多く出会って、
猫さんたちの為の快適なシステムを残したい。
猫さんたちとの上手な関り方。
御飯、病気や予防医学。
人と室内生活する時の暮らし方。

などなどを用意して、
猫好きな方々が大切な出会いを経て、
大切な時間を過ごして、愛を育てて喜びを感じるように、
最後は、そんな愛情同志で笑い合えるように。
そういう想いで親猫おがたひろきは動いています。

で、NFT作品は、こちら↓
仮想通貨取引です。
nekollection – Collection | OpenSea

↓SNSをフォローして、いいねやシェア、コメントも頂けると元気になります。お好きなボタンを押してください😊

コメントを残す