【未来のあなたに革製品を届けるときの想い】〜Evaの想い〜その3

the leather tale 革林童話 Taiwnese artist Eva

今日は、エコロジーの観点でみるおはなしです

【植物タンニンなめし革を使う理由】

前の記事で、革タンニンは2つに分けられ、
それぞれにメリットとデメリットがあるとお話しました。
↓ご確認はこちら
https://nike-neko.jp/for-your-future-leather-talk-2/


nike-neko(にけねこ)の革はすべて植物タンニンなめし革ですが、
なぜクロムなめし革の2倍の価格で、
植物タンニンなめし革を使用する必要があるのでしょうか?


それは第一に、長期的目線の使用と安全性
そして色合いの美しさや手触りをお届けする為です。
クロムなめし革では実現できないことです。

自然性の観点

nike-neko(にけねこ)が使用する、
植物タンニンなめしの革は、


自然で生きていた頃の傷や、
その個体の革光沢を維持しており、
その光沢は柔らかく、
使用とともにもっと柔らかくなり輝きます。
それは本物である証。

 

着用性

植物タンニン加工の技術向上によって、
理想的な手ざわりと優越な着衣性が実現しました。
その手ざわりは限りなく肉厚で、強く丈夫な革です。
植物タンニン革は、
通気性が良く、気持ちのよい使用感が得られます。

『牛の皮を使うのは残酷ですか?』

多くの人の考えに呼びかけたいと思います。


牛の皮を使うのは実はとてもエコです。
それはなぜでしょうか?

牧場で牛を育てる第一目的は、
皮を採るためでもなく、
主に食用として、世界的人口へ供給するためだからです。
皮革というジャンルは、畜牧業では付属製品です。

そのため、牛革の価格は肉食の需要、
供給量が増減して変動する可能性があります。

最後に

ここまで3つの記事で、
nike-neko(にけねこ)で使用する革について、
品質や理由を話してきました。

安心できる革質選び、
長期間に快適なご使用をいただけるように、
革製品をご提供します。

※ごくまれに、素敵な革が見つかることもあるので、
その時は、限定としてこのサイトに登場します。
お見逃し無く😸

the leather tale 革林童話 Taiwnese artist Eva
the leather tale 革林童話。台湾人アーティストのEva(イヴァ)さんです。

Eva(イヴァ)『日本で、皆さんにお逢いできることを楽しみにしてきます』
『私の制作した革グッズの猫たちを使ってくれてありがとうございます。』

↓SNSでのいいね、シェア、 コメントも頂けると元気になります。お好きなボタンを押してください😊

コメントを残す