動物とお話【アニマルコミュニケーション】の体験 3/3

animal-communication

名前 : ハッちゃん

年齢 : おおよそ10歳〜15歳

性別 : 女の子

質問 
「無理矢理に保護しちゃったんじゃないか」
「それと、何か言ってる事があれば…」


そう書いて、

眞由美(マユミ)さんに紙を渡しました。


1分ほど目をつむって

眞由美(マユミ)さんは

ハッちゃんを探してくれていました。

眞由美(マユミ)さんの第一声は、



「まだ生まれ変ってないみたい」


でした。

気付いてないかな? 

『今も時々いるんだよそばに』
『ずっとじゃないけど時々来てる』

って

で、伝えたい事ある?って聞いたら、

『とにかく最期、お兄ちゃんに出逢って、

世話してもらって本当に幸せだった』

って


『お空に行ったのは、

別に間に合わなかったとか、
何かが悪かったとかじゃなく、
それはもう決まってたの』

『寿命だったからって、年齢とかじゃなくて
自分はもう結構大変な、色んな経験をして、

生きてきたんだ』

って

で、

『肉体的にも結構限界にきていたし、
もういいかなっていうか、

充分に生きたから自分では満足してる』

って

『最期にとっても愛情に包まれて、
愛情かけてもらって、気にかけてくれて、
幸せな中で、旅立ってきたわけだから、
本当に感謝してるよ』

って

で、

『それを最期に味わいたくって、

見つけてもらったし、
見つけてもらうように、ちゃんとしたの』

って言ってる。

で、

『自分はそういうの

最期に味わいたいだけでなくて、
やっぱり…

お兄ちゃんに味わってほしかった』


『命が何か、それを凄く知って欲しかった。
それがこれからのお兄ちゃんの人生に、

すごく影響して来ると思うし、
そこから変わったでしょ?』

『見方とか、色んなこととか。
また、それを元に、

考える事とか出逢う事も、
出逢った人も、色々いるでしょ?』

って


『世界が変わったでしょ?』
『それを自分がやりたかった』

って

『それが、

私とお兄ちゃんのミッションだった』

って

で、

『そのお兄ちゃんの

溢れんばかりの愛情をね?
導きだしたんだよ』

って自分が。

『いろんな物を外に出したり、表現したり、
そういうお兄ちゃんの中にある

純粋な部分とか愛をね、

いつも表現していて、

とても良いと思っているの』

って


『それをまた別の形でももっと、

今までがこれくらいだったら、
もっとこれぐらいの範囲で、

いっぱい色んな表現をして欲しいから』

『その一つとして、全然違う….

全然違うね…』

カタチ?….うん…

『カタチを与えたの』

っとか言ってるふふふ


『表現のカタチ』

っていうかな、うん


『お兄ちゃんが今、

表現してる仕事でも何でも、
それって全部、お兄ちゃんの愛なんだよ』

って

『中にある愛。で、それを今、

表現してる事以外でも表現して、
仕事に限らず、

もっといっぱい、いっぱい持ってるから、
それを表現してほしくて、

こういうカタチもあるんだよっていうのを
、私と一緒に経験して作ったの』

って….


『お兄ちゃんから

いっぱい最後に愛をもらって、
見た目はボロボロだったかもしれないし、

ずっとお外にいたから

結構身体の中もボロボロだった。
だけど私にとっては

その最期はキラキラ輝いてるよ』

って

『元々お外で居たことも、

私は全然好きだった』

って

『大変だったけど好きだったし、
とっても自分らしく生きれた。
自由に、で、私 強いからものすごく、
私、生きられた方だよ』

って言ってる

『私の周りで、もっと早く

お空に行っちゃう子もいっぱいいた』

って

『でも、私はとても強かったし、

色んなこと経験して、
嫌な思いもした。追いかけられたり、

イジメられたりもしたけど….人から』


うん…人からって言ってる。

『何か投げられたりとか…』

あぁ….

『無理やりつかまれたりとか、

色々な事もあったけど、全部含めて、

それを自分では乗り越えられると思ったし、
それも含めて自分の人生

とっても大好きなんだ』

って

で、

『そこに最期、私は自分にね、

大きなプレゼントをしたんだ』

って言ってる。

『最期、どこかのお家に行って

飼われようっていう気は無かった』

って、


『だけど..でも…そうじゃないんだけど、

最期いっぱい愛情もらって、

ケアしてもらって、
っていう事も経験できた。したかった』

って言ってる。

『だから、それが最期に出来て、

最期だったから良かったんだ』

って


『最期に選んだんだ』

って言ってる

『途中でもなくて、だから…』

なんかね、1回保護されそうになったみたいだよ。
でも逃げたって言ってる。


『だから、

お家に行きたいとかじゃなかったんだ』って
『このカタチが

自分にとっては最高だったんだ』

って

で、

『もう、命が、

先がそんなに無いって事は、

自分でわかってたし、知ってた』

って

『身体もボロボロだったし、あと、

もう充分に経験したから、結構疲れたし』

って、はじめて笑ってる、ふふふ

『だから、もういいんだっていう所に最期、
一緒にいる時間、瞬間、空間が欲しかった』

で、

『それをお兄ちゃんが作ってくれて、
だから、とっても感謝してるし』

あの…ん〜,,,もうね、キラキラしてる


『とっても幸せな時間だった』

って言ってる。

『二人で楽しかったよね』

って言ってる


『頑張ったよね』

って

『一生懸命だったよね』

って言ってる

『必死に心配してくれたり、顔のぞきこんだり、
いろいろ悩んで、いろいろ調べたり、

色んな事したよねお兄ちゃん』

って言ってる。

『ぜーんぶ嬉しかった』

って言ってる。

『色んな人に聞いたり、

もぅ〜オロオロしてみたり、
でも、全部全部全部それが嬉しかったし、
それが全部、愛情だったし、

あの時間が本当に最高に幸せだった

って言ってる

『だから今は、

お兄ちゃんに恩返しをしたいから、
私が今、手伝ってるよって言って』

って言ってる

だから時々…
あぁ、もしかしたらこの子から来てるかもよ?
何か頭に浮かんだ時って
うん、

『私が今手伝ってるって言って』

って言ってる。

『手伝ってるよ、大丈夫だから』

って…

『これからもしばらくは側にいるし』

って言ってる

しばらくって何で?って今、聞いてみたら
ふふふってしてて笑ってる。
またいつか生まれ変わるんじゃないかなぁ

ふふふってしてて

『言わない』

って言ってるけど、でも

『しばらくはいるから、

一緒にまたあの時みたいに一緒にやろうよ』

って言ってる

で、

『感じてみて、お兄ちゃんなら感じれるよ、
私はそばにいる事わかるよ。話しかけて』

って

『絶対わかるから』

って言ってる

で、

『ちょっと間違わないでね、

もうあんなボロボロじゃないから。
今、すごく綺麗になってるから』

って


『お空で綺麗になったから

ボロボロじゃないよ』

耳も(カットされた部分)ちゃんとあるし、

ツヤツヤしてる。

僕『歯は、大丈夫か?って聞きたいです』

『うん、もう全部が健康に、

骨も内臓もぜんぶ向こうに行ったらね、

リニューアルされるの』

って言ってる


『だから、綺麗になってるから大丈夫』

『でもまぁ、

向こうでご飯なんか食べないけど全部健康』


イィ〜って今やってて、

ピカピカの歯を見せてくれてる。

写真だとちょっと黒い毛の中に、

白っぽいところあるじゃない?

それも無くて、

もう黒々としてるところと白い毛と、

ツヤツヤしてきれいな感じで、
(決めポーズで)『ん?』って感じで。

僕『そのときを観たかったんだけどなぁ』

『観えるでしょ、(笑)』
『今でも観えるでしょ(笑)』

って

僕『想像はできる!!』


『うん、だから、それだけ忘れないでね』

って、


『そばにいるから本当に』
『今日から話しかけてね』

って言ってる。


『だから、それだけ忘れないでね』

って、


『そばにいるから本当に』
『今日から話しかけてね』

って言ってる。

僕『はい!』

そんな感じです。ちょっと短かったけど…


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして僕とハッちゃんの

約4年ぶりの会話が眞由美(マユミ)さん、
そしてこの場を用意してくださいました

吉満さんを始めセンジュ出版の皆様、
この場所に繋いでくれた友人と、

友人の働く先のお兄さんのおかげで

実現しました。

f:id:nikeneko369:20180608173424j:plain

※ご一緒させて頂きました皆さまにも

感謝を込めて。
許可出てませんのでモザイクをかけています


僕の目はやばいことになってますので、

モザイク…



約四年
それだけ時間は経ったけど、

このタイミングである事。
色々な出来事に意味があって生きてるし、

生きてこられている。

これが、誰かの、

何かの為になる力だとするなら

全力で生きなければいけないなと思います。

今回のは、僕とハッちゃんの話でしたが、

動物と一緒に暮らす、

暮らして来た皆さんにとって

当てはまりそうで、繋がれる気がして、

書き残してみました。

人間だけが意思を持ってるわけではなく、
そして動物だけでも無く、
エネルギーを持つ者がいて、

それぞれのバランスを補い合っている。

そう感じてもらえたら、

これからの生き方が変わると思います。

僕は、これまでとこれからを、

新たに生きてみようと思います。


長い文でしたが、

最後まで読んで頂き有難うございます。

動物好きな方お友だちになりましょう。

そして2019年8月23日夕方から、

アニマルコミュニケーション開催します!!
ご予約お待ちしています!!!!



それでは本日も愛を込めてあなたに
おがたひろき
 


————————————


猫友(読者登録)募集
 
ブログへの読者登録と
“いいね“、シェアをお願いします。
 
 



facebook、
おがた ひろき

がた ひろき | Facebook


Instagram,
nike-neko (@nikeneko.japan_official
)

—————————————
よければ、ブログ購読の登録をお願いします。
シェアも大歓迎です。
※更新したときだけ、お知らせが届きます。

↓SNSでのいいね、シェア、 コメントも頂けると元気になります。お好きなボタンを押してください😊

コメントを残す